バックアップソフト(Disk Mirroring Tool)

 パソコンは壊れることもありますし、特にハードディスクは動く部分があるのでいちばん壊れやすい部品でもあります。最近はSSDも普及してきましたが、それも絶対に壊れないとは言い切れません。
 ということでバックアップのお話です。
 
 最近はクラウドドライブ(OneDriveなど)もあってバックアップもやりやすくなっています。でも自動的に同期してしまって壊れたファイルが上書きしてしまうということもありますね。私はクラウドドライブも使いますが、それとは別にバックアップをするツールも使っています。
 
 ・・・と、ツールの話をする前に物理的なお話、どこにバックアップするのか。
 私はクラウドドライブはどうしても消えては困るファイルを入れて、さらに同じものをバックアップもしています。つまり二重にバックアップしています。クラウドドライブは容量が小さいのでこのようにしています。
 
 、、、で、消えたらあきらめもつくけどやっぱりあった方がいい画像とかはバックアップをしています。外付けのHDDやSDDもいいのですが、場所もとるのでノートパソコンには使えません。そこでマイクロSDカードをこんなものに入れています。
 
 BUFFALO カードリーダー/ライター microSD対応 超コンパクト ブラック 【PlayStation4,PS4 動作確認済】BSCRMSDCBK
BUFFALO カードリーダー/ライター microSD対応 超コンパクト ブラック 【PlayStation4,PS4 動作確認済】BSCRMSDCBK
 
 
 このコネクタの内側にマイクロSDカードが入るのです。最近はマイクロSDカードも安くなっていますしね。同じようなタイプのUSBメモリもあります。
 
 【 サンディスク 正規品 】5年保証 USBメモリ 32GB USB 2.0 超小型 SanDisk Cruzer Fit SDCZ33-032G-JA57
【 サンディスク 正規品 】5年保証 USBメモリ 32GB USB 2.0 超小型 SanDisk Cruzer Fit SDCZ33-032G-JA57
 
 
 ミニPCでドライブが増設できるならその方が大容量にできます。
 
 さて本題です。「Disk Mirroring Tool」は、ずいぶん前から使っているソフトです。無料ですし、ファイルは圧縮などはしないでそのままコピーします。更新していないファイルはコピーしないのでバックアップ作業がすぐに終わります。
 
 元のファイルが削除された場合はバックアップ作業をしたときにバックアップ先のファイルも削除してくれます。(しない設定も可能)ですからフォルダ構成を変えたときでもファイルが増えることはありません。
 バックアップ後は元とバックアップ先は同じ状態に保たれます。したがって、何か問題があったら(例えばまちがって消してしまった)そのときはバックアップせずにバックアップ先からファイルを持ってくることで復旧できます。(バックアップ操作をしてしまったら、こちらが消えているのでバックアップ先も消えてしまう)
 
 
 私の使い方はドキュメント、ピクチャー、ビデオなどカテゴリに分けています。単独にバックアップもできますし、全部のバックアップもできます。実際の運用はときどき全バックアップのボタンを押すだけです。
 では設定方法について説明します。「窓の杜」からDisk Mirroring Toolをダウンロードしてインストールしておきます。バックアップ先のドライブのプロパティでボリュームラベルを付けておきます。(例えば「backup」
 
 Disk Mirroring Toolを起動します。
 
 0.jpg
  
 「追加」で例えば「Document」と入れます。このときバックアップ先のドライブにフォルダを作成します。同じ名前がいいと思いますので「Document」フォルダを作ります。(私はbackup_Documentにしましたが)
 あとはマスター側、バックアップ側のフォルダを指定してボリュームラベルのチェックをONにしてバックアップ先のドライブのボリュームラベル「backup」を記入します。
 
 1.jpg
  
 次に「動作設定」のタブをクリックして「マスター側に無いファイルはバックアップ側から削除」をチェックしておきます。これをチェックしておくと次回バックアップしたタイミングで元を削除するとバックアップ先も削除されます。つまり元とバックアップが同じになります。逆に、このチェックをはずしておくとファイルは必ずバックアップ先に残ります。これは良いことのようにも思えますが、フォルダ構成を変えたときでも変更前のものが残ってしまいます。バックアップした後に元ファイルが不要になって消してもバックアップ先には残ったままになります。
 
 どちらにするかは自分の使い方ですかね、、、
 
 2.jpg
 
 設定が終わったらときどき「全バックアップ」を押すだけで安心できます。また設定をひとつだけクリックしてバックアップボタンを押せばその項目だけバックアップできます。(早く終わります)
 
 --------------------------------------------------
ホームページもあります。過去の記事を読むのに便利です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック